スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --   [スポンサー広告]
マンジョジュギ(触ってあげる)/フィソン
大好き♡♡
フィソンオッパの5集の中じゃ、一番好きかもしれないです

このタイトルがちょっとした物議を醸していましたが(笑)
イントロに入ってるニュースの音?の内容とかも、すごく意味が込められてる気がして…

かなりフィソンオッパっぽい曲ですね


うん。大好き



まんぢょぢゅぎ
만져주기/触ってあげる








のえ うるむる ぐちる ね もくそりる とぅろぢょ
너의 울음을 그칠 내 목소릴 들어줘
あなたの涙を止める あたしの声を聞いて

ぢょぶん がすめ むぢん く ごげるる どぅろぢょ
좁은 가슴에 묻힌 그 고개를 들어줘
狭い心に埋まった その頭をあげて

のるる かどぅどん がもっ がちゅん こどげ ことんまんくむ
너를 가두던 감옥 같은 고독의 고통만큼
あなたを閉じ込めた 監獄みたいな 孤独な苦痛の分だけ

あぷん さんちょるる ねが おる まんぢょ ぢゅる てに
아픈 상처를 내가 어루 만져 줄 테니
痛む傷を あたしが撫でてあげるのに 



we got emergency ぬんむるる のむな ふるりょ
we got emergency 눈물을 너무나 흘려
we got emergency 涙をめちゃくちゃ流して

っすろぢん くどぅり うぉねっとん ごん がんしめ すひょる
쓰러진 그들이 원했던 건 관심의 수혈
倒れこんだ あいつらが欲しがってたモノは "関心"の輸血

あむり そり ぢるろ ぐうぉぬる うぇちょ ばど
아무리 소리 질러 구원을 외쳐 봐도
どれだけ声を上げて 救援を叫んでみても

もどぅが うぇみょなん くどぅれ ひょんしりらん ふぁうめ ぶりょっ
모두가 외면한 그들의 현실이란 화음의 불협
みんなが目をそらした あいつらの現実ってのは 和音の不協



ぢゃしに ぐりん っくむどぅれ っげむるりょ で むるりょぢん しるぺえ なぎぬる てうりょ
자신이 그린 꿈들에 깨물려 되 물려진 실패의 낙인을 태우려
自らが描いた夢に噛まれて 受け継がれた 失敗の烙印を燃やそうと

せる す おんぬん ばむ せうぉ
셀 수 없는 밤 새워
数えきれない 夜を過ごして

のりょっが のりょげ ぢちょがる むりょっ ぬっぎょっどん むりょぐん
노력과 노력에 지쳐갈 무렵 느꼈던 무력은
努力と努力で しんどくなってく頃に感じる 無力は

っどぅりょし ちょるまんうる くりょ まうめ ぼんぢょ
뚜렷이 절망을 그려 마음에 번져
くっきりと絶望を描いて 心に滲んでく



We don't know that く ぢゅぎる のめ そうぇ
We don't know that 그 죽일 놈의 소외
We don't know that あの 殺人野郎の疎外

く びょんうる おんぬん もどぅん いどぅるん するぷむまぬる とへ
그 병을 얻는 모든 이들은 슬픔만을 토해
その病をもらった あらゆる人々は 悲しみだけを吐き

ひまんえ せんぢょんぎがぬん ごっ ねいる っどぬん もれ
희망의 생존기간은 곧 내일 또는 모레
希望の生存期間は それはまさに 明日、もしくはあさって

さみるる もっ のむぎょ ぶるりょぢる とんごげ のれ
삼일을 못 넘겨 불려질 통곡의 노래
三日とせずに歌われる 慟哭の歌



く さるむん おんとん こどげ ごとん
그 삶은 온통 고독의 고통
あの人生は ひたすら 孤独の苦痛

ぼとんえ でふぁるる でしなん こごんがえ そとぅん
보통의 대화를 대신한 허공과의 소통
当たり前な会話の代わりに 空虚との疎通

っぐどんぬん しむぢゃんえ ごどんうん せさん ばっ ぢょ でぃっ ぴょん っするっすらん そどん
끝없는 심장의 고동은 세상 밖 저 뒷 편 쓸쓸한 소동
果てのない心臓の鼓動は 世界の外 あの後ろの方の 寂しい騒動

むがんしむ そげ くりうぉぢん いんがね ぢょろん
무관심 속에 그리워진 인간의 조롱
無関心の中で 恋しくなる 人間のいじめ



のえ うるむる ぐちる ね もくそりる とぅろぢょ
너의 울음을 그칠 내 목소릴 들어줘
あなたの涙を止める あたしの声を聞いて

ぢょぶん がすめ むぢん く ごげるる どぅろぢょ
좁은 가슴에 묻힌 그 고개를 들어줘
狭い心に埋まった その頭をあげて

のるる かどぅどん がもっ がちゅん こどげ ことんまんくむ
너를 가두던 감옥 같은 고독의 고통만큼
あなたを閉じ込めた 監獄みたいな 孤独な苦痛の分だけ

あぷん さんちょるる ねが おる まんぢょ ぢゅる てに
아픈 상처를 내가 어루 만져 줄 테니
痛む傷を あたしが撫でてあげるのに 



さらむん さらむ そげそ ておなそ ぢゃらご さらんはる さらむる まんなご
사람은 사람 속에서 태어나서 자라고 사랑할 사람을 만나고
人は人の中で生まれ 育ち 愛する人と出会い

せろうん かぢょっ ぎょとぅる さらど うぇろうむる ちぇでろ っどるちょねぢ もって
새로운 가족 곁을 살아도 외로움을 제대로 떨쳐내지 못해
新しい家族の傍で生きても 寂しさを きちんと 絞り出すコトが出来ずに



はむるみょ ほまん い せさん きでる ごっ おぷし ぢねだ
하물며 험한 이 세상 기댈 곳 없이 지내다
ましては 険しいこの世界 頼るモノもなく 過ごし

きで ばっぢ もったる みれわ ぢおっ がとぅん しんせが
기대 받지 못할 미래와 지옥 같은 신세가
期待を抱けない未来と 地獄みたいな身の上

うぉんまんすろうる っぷにん くどぅれ しむぢょんうん
원망스러울 뿐인 그들의 심정은
恨み辛みだけの あいつらの心情は

ちょっばっかん いんぢょんうる ぢゅんお はる す ばっけ
척박한 인정을 증오 할 수 밖에
不条理な認識を 恨むしかなくて



ちゃがうん せさん でぃろ ぼりょぢん のる っきょあな いるきる てに
차가운 세상 뒤로 버려진 널 껴안아 일으킬 테니
冷たい世の中の外れに 捨てられたあなたを 抱きかかえて起こすから

おぢぇんが ちゅごぢょ がる うぇろうむ ね ぷめそ っぐんね
언젠가 죽어져 갈 외로움 내 품에서 끝내
いつの日か 死にゆく寂しさを あたしの胸で終わらせて



そんが そん ちゃば ちんぐる らぢゃ うりん はなだ たるぢ あな
손과 손 잡아 친구를 하자 우린 하나다 다르지 않아
手と手を繋いで 友達になろう 俺たちは一つだ 違いやしない

ほんぢゃそ ておなぬん ごん いっする す おぷそ
혼자서 태어나는 건 있을 수 없어
独りで生まれるなんて 出来やしない

ほんぢゃそ さらがぬん ごん ぎょんでぃる す おぷそ
혼자서 살아가는 건 견딜 수 없어
独りで生きてくなんて 耐えられやしない

もどぅ だ そんが そん ちゃば ちんぐる らぢゃ うりん はなだ たるぢ あな
모두 다 손과 손 잡아 친구를 하자 우린 하나다 다르지 않아
みんなが手と手を繋いで 友達になろう 俺たちは一つだ 違いやしない

ほんぢゃそ ておなぬん ごん いっする す おぷそ
혼자서 태어나는 건 있을 수 없어
独りで生まれるなんて 出来やしない

ほんぢゃそ さらがぬん ごん ぎょんでぃる す おぷそ
혼자서 살아가는 건 견딜 수 없어
独りで生きてくなんて 耐えられやしない



ふなん さらんえ がむぢょんうる もるぬん さらむどぅる (い のれるる どぅろぢょ)
흔한 사랑의 감정을 모르는 사람들 (이 노래를 들어줘)
当たり前な愛の感情を 知らない人たちは (この歌を聞いて)

ひまんいらぬん まるる みっぢ あぬん さらんどぅる (い のれるる どぅろぢょ)
희망이라는 말을 믿지 않는 사람들 (이 노래를 들어줘)
希望っていう言葉を 信じられない人たちは (この歌を聞いて)

いぢぇぬん うぇろっこ するぷる っで ねが (あなぢゅるけ)
이제는 외롭고 슬플 때 내가 (안아줄게)
これからは 寂しくて悲しい時は 俺が(抱きしめてあげるから)

いぢぇぬん ふぁなご ぢちる っで ねが (かむっさぢゅるけ)
이제는 화나고 지칠 때 내가 (감싸줄게)
これからは キレてしんどくなった時は 俺が(包んであげるから)

さんちょ ばどぅん まうむ ぢょんぶ おる まんぢょぢゅるけ
상처 받은 마음 전부 어루 만져줄게
傷ついた心 全部 撫でてあげるから



のえ うるむる ぐちる ね もくそりる とぅろぢょ
너의 울음을 그칠 내 목소릴 들어줘
あなたの涙を止める あたしの声を聞いて

ぢょぶん がすめ むぢん く ごげるる どぅろぢょ
좁은 가슴에 묻힌 그 고개를 들어줘
狭い心に埋まった その頭をあげて

のるる かどぅどん がもっ がちゅん こどげ ことんまんくむ
너를 가두던 감옥 같은 고독의 고통만큼
あなたを閉じ込めた 監獄みたいな 孤独な苦痛の分だけ

あぷん さんちょるる ねが おる まんぢょ ぢゅる てに
아픈 상처를 내가 어루 만져 줄 테니
痛む傷を あたしが撫でてあげるのに








タイトルだけじゃ、到底こんな内容は想像出来ないですよね^^;


ってか、フィソンオッパ本当にすごいな!
どこで息継ぎしてるん?笑。

こんなラップ、、フィソンオッパじゃなきゃ出来ないよ笑。


この曲を聴いてから~ユンナちゃんがすごく好きになりました^^
彼女の声じゃなきゃ、ここまで良い曲には仕上がらなかった気がします
フィソンオッパもユンナちゃんの実力をかなり買ってる気がするし!

彼女の1集もちゃんと聴いてみたいな

スポンサーサイト
2008.04.05 Sat ♡コメント♡:3   [フィソン]
♡ありがたいぉ言葉♡
すごいです!
あっこさん、訳ありがとうございます。
5集はタイトル曲から今までのフィソンとは違う感じのアルバムでしたが、マシンガンのように繰り出されるラップのこの曲の訳を知ることが出来て良かったです!歌も上手いけどラップもうまいねえ!フィソン君。
by: kuniko | 2008.04.06 | URL | edit
ありがとうございます^^
あっこさん、こんにちは^^
私、フィソンの5集でこの曲が大好きで
ユンナちゃんを好きになったのもこの曲からです♪
訳して貰えてとっても嬉しいです!
どうもありがとう~♪
フィソン・・ホントにどこで息継ぎしてるんだ??(笑)
by: りえ | 2008.04.26 | URL | edit
はじめまして
フィソンの3集と4集を持っています。
m-floが好きだったんですが、
その時にアルバムにフィソンが参加していたんです。
もう声にやられてしまって、そこでフィソンのことを知りました。
周りには、フィソンのことを知っている人はいないんですよ。
数年前に大学病院に診察に行った時に、
韓国の留学生(インターン?)の方がいらっしゃったので、
iPodの彼の曲の意味を聞いたら、「フィソンはいいですよ!!」と言われた、
それ一回きりです。
by: かり | 2008.09.13 | URL | edit
コメントがあったらどうぞ~~♡














管理者にだけ表示を許可する

Lollipop/BoA| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。